札幌競馬場の傾向と対策その2

復習をかねて
形状は、ほとんど起伏がなく、ほぼ平坦と言っていいコース形態で
基本的に先行勢が有利なのは他のローカルコースと同様である。

<連対馬の芝コースの脚質は?>

Aコース    逃げ、先行馬の占有連対率は、  30.6%
        好位、中団の差しの占有連対率は、56.1%

Bコース    逃げ、先行馬の占有連対率は、  31,9%
        好位、中団の差しの占有連対率は、55.5%

ダートコース  逃げ、先行馬の占有連対率は、  38.5%
        好位、中団の差しの占有連対率は、56.7%

=ポイント=
思ったより、差し馬の連対が目立つ。
これは、他の小回りローカルとの決定的な差はコーナーの半径が大きいことで、
スピードがのったままコーナーに突入するためペースの緩みが他場と比べて比較的少ない。
よって、タイムが比較的早くなり差し馬の台頭もやや多くなっているのが特徴的。
しかし、後方からの追い込み馬の連対は、芝、ダート共に難しい。

=距離、枠番別連対率=(単勝人気1〜3番人気のみの集計)
<芝コース>

札幌芝1200M
1枠〜4枠    43.4%
5枠〜8枠    38.5%
9枠〜12枠   31.7%
13枠〜16枠  36.0%
*内枠有利

札幌芝1500M 
1枠〜3枠    41.7%
4枠〜6枠    45.5%
7枠〜9枠    23.8%
10枠〜12枠  42.9%

札幌芝1800M
1枠〜3枠    53.1%
4枠〜7枠    41.5%
8枠〜11枠   25.7%
12枠〜14枠  36.4%
*内枠有利

札幌芝2000M
1枠〜4枠    35.0%
5枠〜8枠    35.7%
9枠〜12枠   31.6%
13枠〜16枠  46.2%
*外枠有利


<ダートコース>
札幌ダート1000M
1枠〜3枠    50.0%
4枠〜6枠    39.8%
7枠〜9枠    52.2%
10枠〜13枠  41.2%

札幌ダート1700M
1枠〜3枠    41.9%
4枠〜6枠    46.2%
7枠〜9枠    39.8%
10枠〜12枠  35.8%


=札幌競馬場リーディングジョッキー=(2001年度、10勝以上)
1位、中舘騎手
2位、松永騎手
3位、岡部騎手
4位、藤田騎手
5位、横山典騎手
6位、蛯名騎手
*注意、勝浦騎手(8位、7勝)は、かなり高配当の立役者


=札幌競馬場リーディングトレーナー=(2001年度、5勝以上)
1位、藤沢和厩舎
2位、小島太厩舎
3位、伊藤雄厩舎
4位、河野厩舎
5位、池江厩舎
6位、角居厩舎
7位、中尾謙厩舎

SEO [PR] おまとめローン 冷え性対策 坂本龍馬 動画掲示板 レンタルサーバー SEO